あマ指国試 過去問
第27回077問 #A27077
臨床医学各論

ワクチンで予防可能な感染症はどれか。

1.猩紅熱

2.マイコプラズマ肺炎

3.麻疹

4.梅毒

解答:3

公益財団法人東洋療法研修試験財団 第27回あん摩マッサージ指圧師国家試験

出題範囲

臨床医学各論 1章 感染症

C.ウイルス感染症 b.麻疹

解説

解答は、3.麻疹。

生後12~90ヶ月の間に弱毒生ワクチンを接種すると、有効である。

ワクチンの種類

弱毒生ワクチン

ロタウイルス感染症、結核、麻しん(はしか)、風しん、おたふくかぜ、水痘(みずぼうそう)、黄熱病 など

https://www.know-vpd.jp/vc/vc_knd.htm

不活化ワクチン

B型肝炎・ヒブ感染症・小児の肺炎球菌感染症・百日せき・ポリオ・日本脳炎・インフルエンザ・A型肝炎・髄膜炎菌感染症、狂犬病 など

https://www.know-vpd.jp/vc/vc_knd.htm

トキソイド

ジフテリア、破傷風(はしょうふう)など

https://www.know-vpd.jp/vc/vc_knd.htm

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です