あマ指国試 過去問解説
第27回076問 #A27076
臨床医学各論

感染症について正しいのはどれか。

1.ポリオは細菌感染症である。

2.細菌性赤痢の潜伏期は約3週間である。

3.日本脳炎はネズミの媒介によって感染する。

4.ニューモシスチス肺炎は日和見感染症の一つである。

公益財団法人東洋療法研修試験財団 第27回あん摩マッサージ指圧師国家試験

解答

4.ニューモシスチス肺炎は日和見感染症の一つである。

出題範囲

臨床医学各論 1章 感染症

解説

1.ポリオ(急性灰白髄炎)は、ポリオウイルスの感染で起こるので✕

2.細菌性赤痢の潜伏期は1~4日なので✕

3.日本脳炎は、コガタアカイエカ(蚊)が媒介するので✕

4.ニューモシスチス肺炎は、エイズ発症期などに起こる日和見感染症の一つなので○

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です